松戸市 市川市 動物病院

  • 各種予防
  • 各種予防

    各種予防Prevention

各種予防

Prevention

去勢・避妊手術についてのご案内

当院ではわんちゃん・ねこちゃんの不妊手術を推奨しています。
不妊手術はオスでは去勢手術、メスでは避妊手術と呼ばれており、人間と異なり、動物の不妊手術は健康管理上・倫理上、非常に一般的なものとなってきています。
ここでは当院の不妊手術に関する理念をご紹介します。

メリット

・病気の予防

オス
(去勢手術)

  • 睾丸の腫瘍(悪性のセルトリ細胞腫、良性の間質細胞腫など)

  • 前立腺肥大・前立腺の腫瘍、肛門周囲腺腫など

  • 会陰ヘルニア(未去勢のよく吠える犬に多発する、手術が必要)

など

メス
(避妊手術)

  • 子宮蓄膿症(未経産の高齢動物に多く、致死疾患のため、緊急手術の適応になる)

  • 乳腺腫瘍(避妊した雌での発症率は10%、犬は25~50%が、猫は90%が悪性)

  • 卵巣・子宮の腫瘍(腹水・胸水がたまることもある:メイグス症候群)

など

・性衝動によるストレスの抑制

デメリット

  • 体重が増えやすくなる(生殖器へのエネルギーがあまるため)
    →食事管理で対応可能です。

  • 健康な動物に全身麻酔をかけること
    →当院では術前検査を徹底しています。
     異常が見られる場合、ご不安な場合は延期・中止の判断もしています。

不妊手術のながれ

  1. 身体検査・問診・健康状態の把握のために、一度通常の診察を受診していただけるとスムーズです。

  2. 手術を行う日程のご予約をおとりいただきます。診察の時でもお電話でもかまいません。
    手術は休診日の木曜日以外、毎日可能です。
    ※わんちゃん・ねこちゃんともに、特別な理由がない限り、発情中の避妊手術は推奨しておりません。

  3. 手術当日の午前10時ごろに絶食・絶水でご来院いただき、麻酔前検査を行います。
    結果に問題がなければ同意書にサインをいただいた後、そのままお預かりし、
    12~15時の時間帯で手術を行います。

  4. 全身麻酔をかけて、手術を行います。
    ご希望があれば、手術終了後に問題なく手術が終了したことのご報告のお電話をいたします。

  5. 去勢手術(オス)は当日の17~18時ごろのお迎えになります。
    避妊手術(メス)は翌日の診察時間内にお迎えにいらしていただきます。

  6. 帰宅後、手術部位を舐めてしまうと切開部位が裂開してしまうので、可能な限りエリザベスカラーを着用します。特に就寝時、ご家族の不在時にご注意ください。
    ※ねこちゃんの去勢以外は、手術の2週間後に抜糸を行います。麻酔は使用しません。

手術方法

去勢手術 :

(犬):

睾丸付近を1~1.5センチほど切開し、精巣へつながる血管と精管を縫合糸でしばり、左右とも精巣を完全に摘出します。手術時間は約20分です。

      

(猫):

陰嚢を1センチほど切開し、精管と血管を糸に見立て、結びます。体内にも皮膚にも縫合糸を残しませんので、抜糸もありません。
手術時間は約15分です。

避妊手術 :

    

皮膚を2~3センチ切開し開腹します。
その後、卵巣・子宮を完全に摘出します。手術時間は約40分です。

ご費用

麻酔代・手術代・入院費・内服薬(抗生剤)すべて含まれています。

  • 高齢の場合、別途詳細な術前検査が必要になる場合があります。

  • お薬を飲ませることが難しい場合、「1回の注射で14日間効果のある抗生剤」の注射をすることも可能です。
    しかし高価な注射ですので、ご希望された方に限ります。
    ご費用は内服薬との差額をいただいております。

    詳しくはご相談ください。

  性別 体重の目安 ご費用 入院の有無 長期作用型抗生物質
オス
(去勢手術)
~10kg 27,000円 日帰り ~5kg : 3500円
5~10kg : 4900円
10~15kg : 5600円
15~20kg : 6400円
20kg~ : 8000円
10kg~20kg 30,000円
20kg~ 32,000円
メス
(避妊手術)
~10kg 32000円 1泊入院
10~20kg 37,000円
20kg~ 要相談
オス
(去勢手術)
23,000円 日帰り ~5kg : 3500円
5kg~ : 4900円
メス
(避妊手術)
32,000円 1泊入院

最後に

去勢・避妊手術のご相談は随時受け付けております。
不妊手術は必ず行わないといけないわけではありませんが、病気の予防を考えると、やはり行うべきです。
しかしメリット・デメリットをしっかりと把握し、ご家族と一緒に判断することが重要であるとも考えております。
わからないことがあれば、ぜひご相談ください。