松戸うがた動物病院 ホームへ
松戸うがた動物病院 ホームへ

健康管理 Health care

各種予防

大切なご家族の予防医療について

 近年は人・動物を問わず、「予防医療」という観点が注目され、病気を治すのではなく、「病気にならない」ことが重要といわれています。人間がインフルエンザや風疹の予防接種を受けるように、わんちゃん・ねこちゃんにも感染症予防が必要です。

 感染症は若齢でも高齢でも発症します。「うちの子は大丈夫」ということは、残念ながらありません。
1)混合ワクチン:○種混合と呼ばれる、主にウイルス性疾患の感染症予防です。
2)狂犬病ワクチン:わんちゃんのみ必要で、法律で定められているほど重要な感染症予防です。
3)フィラリア:蚊から感染し、心臓に寄生する寄生虫です。感染すると5~6年ほどの治療が必要になります。
4)ノミ・マダニ:松戸市にもたくさんいます。マダニからの感染症で、西日本では人の死者も出ています。

混合ワクチンについて

 人間が風邪をひくように、動物たちもウイルスやその他の感染症にかかります。
感染症にかかると食欲がなくなる、嘔吐・下痢をする、元気がなくなるなどの症状をおこし、
老齢や幼い動物、免疫の弱った動物だと命に関わる場合があります。
 また、一部のウイルス感染症の治療には特効薬がなく、多くが「対症療法」になります。
ワクチンを接種することで、その感染・発症を防いだり、仮に発症しても軽症におさえることができます。
 現在のところ、
・わんちゃんの場合
 生後2か月に1回目、生後3か月に2回目、生後3か月に3回目を接種し、その後は年に1回の追加接種
・ねこちゃんの場合
 生後2か月に1回目、生後3か月に2回目、その後は年に1回の追加接種

 が推奨されています。
 また、病気の治療中であったり、発作をおこす子や免疫異常の動物への接種は控えるべきとされています。
その際は、当院から「予防接種猶予診断書」という書類をお渡しいたします。

動物種 ワクチンの種類 ご費用(診察料含まず)
5種混合ワクチン 6000円
7種混合ワクチン 6500円
3種混合ワクチン 5000円
4種混合ワクチン 5600円
7種混合ワクチン 6500円

※表にないワクチンも取り扱っている場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

わんちゃんの予防できる病気 主な症状 5種ワクチン 7種ワクチン
ジステンパー 鼻炎・発作・下痢
アデノウイルス感染症 くしゃみ・鼻炎など
犬伝染性肝炎 くしゃみ・嘔吐など
パルボウイルス感染症 非常に重篤
犬パラインフルエンザ くしゃみ・咳など
コロナウイルス感染症 嘔吐・下痢など    
レプトスピラ・イクテロヘモラジー 肝・腎不全
発熱、食欲不振
 
レプトスピラ・カニコーラ  
 
ねこちゃんの予防できる病気 主な症状 3種ワクチン 4種ワクチン 7種ワクチン
汎白血球減少症 子猫の死亡率高い
ウイルス性鼻気管炎 くしゃみ、目やに
など
カリシウイルス感染症 ○(3株)
猫白血病 無症状のまま潜伏  
猫クラミジア感染症 くしゃみ、目やに
など
   

狂犬病ワクチンについて

 狂犬病は、感染すると、人も動物もほぼ100%死亡してしまいます。
現在、日本国内では、狂犬病は1956年を最後に発生はありません。
これは過去のわんちゃん達が狂犬病ワクチンを接種し、国内での発生を阻止してくれていたからです。
 しかしそれでも、1970年と2006年に海外から持ち込まれ、国内で発症したことがあります。
 そのような場合でも、1頭でも多くのわんちゃんが狂犬病ワクチンを接種していれば、人にも動物にも感染することはなく、国内での蔓延を防ぐことができます。

狂犬病ワクチン 3200円

フィラリアについて

 フィラリアとは、心臓に寄生する寄生虫です。
 皮下組織や血液内にいる幼虫(ミクロフィラリア)と、心臓に寄生するサナダムシのような成虫がいます。
感染は「ミクロフィラリアをもった蚊」に吸血されることでおこります。
 虫よけの使用や高層マンションに住んでも蚊に刺されることを完全に防ぐことはできませんが、
適切な予防薬を1か月に1回使用することで、その感染をほぼ完全に予防することができます。
 当院での推奨予防期間は5月~12月です。


・当院でのフィラリア予防の流れ
1)採血をして、体内にミクロフィラリアや成虫がいないことを確認します。
  (所要時間:約10分、検査費用:約1500円)
  その際、同時に血液検査による健康診断もできます(詳しくは健康診断の項を参照してください)
 
2)結果に問題がなければ、お薬を処方いたします。

当院で使用しているお薬の一例を紹介いたします。


アドボケート
  ・アドボケート (わんちゃん・ねこちゃん用)
   フィラリア・ノミ・回虫・鈎虫に有効です。
   猫ちゃんに限り、ミミヒゼンダニにも有効です。
   背中の地肌に塗り付けるだけの簡単なお薬です。
   お薬を飲めない子におすすめです。
   特にノミは、体に付着した段階で駆除できます。

体重 1本あたりのご費用
1.0~4.0kg 1700円
4.0~8.0kg 1800円
1.0~4.0kg 2000円
4.0~10.0kg 2200円
10.0~25.0Kg 2400円
25.0~40.0kg 2600円


イベルメックチュアブル
  ・イベルメックチュアブル (わんちゃん用)
   チキン味とトリーツのような見た目で食べやすいようにできています。
   食べた後に吐き出さないように注意してください。
   消化管内の寄生虫も同時に予防できます。

体重 1個あたりのご費用
5.6kg以下 600円
5.6~11.3kg 800円
11.3~22.6kg 1000円
22.6~45.3kg 1200円

当院で使用している、わんちゃん用の予防薬一覧とその効能・効果

  フィラリア ノミ マダニ 消化管内寄生虫 剤形 有効期間
イベルメック     ◯(2種) お菓子タイプ 1か月
アドボケート   ◯(2種) スポット剤 1か月
ネクスガード・スペクトラ ◯(4種) お菓子タイプ 1か月
 
ネクスガード     お菓子タイプ 1か月
ブラベクト     お菓子タイプ 3か月
フロントライン・プラス     スポット剤 1か月

ねこちゃんのフィラリアについて

 近年までフィラリアはわんちゃんの病気と認識されていましたが、2010年に発表された研究で、一般家庭で飼育されているねこちゃん、および特定の飼い主様のいない地域猫のどちらにも、約11%の確率ですでにフィラリアに感染しているということが判明しました。
 ねこちゃんのフィラリアの場合、嘔吐・食欲不振・元気がないなどの症状から始まり、肺の血管を傷害することで、慢性的な呼吸器症状(しつこい咳、開口呼吸など)をおこします。最終的には呼吸困難に至るほか、突然死を引き起こすことも知られています。
 これらの症状はHARD(heartworm associated respiratory disease:犬糸状虫随伴呼吸器疾患)と呼ばれ、広く確認されています。
 ねこちゃんは予防を始める前の検査は必須ではないといわれていますが、感染しているかどうかは血液検査で判断できます。
 ねこちゃんのフィラリアの治療は2~3年と長期になるため、ねこちゃん、ご家族ともに負担がかかります。
何よりも「予防できる病気になってしまう」ということはとても辛いことです。

 当院ではわんちゃんと同じように、ねこちゃんのフィラリア予防も強く推奨しています。
予防薬は背中に塗布するだけ
で、ノミ・マダニ・消化管の寄生虫を同時に予防できるお薬です。
ご自宅でも簡単にできますので、ご不明な点はご相談ください。

当院で使用している、ねこちゃんの予防薬一覧とその効能・効果

  フィラリア ノミ マダニ 消化管内寄生虫 剤形 有効期間
ブロードライン ◯(2種) スポット剤 1か月
アドボケート   スポット剤 1か月
 
ネクスガード     お菓子タイプ 1か月
フロントライン・プラス     スポット剤 1か月

ノミ・マダニについて

 ノミ・マダニは松戸市にもたくさんいます。私見ですが、当院近隣にはノラ猫ちゃんが多く、その子たちが家から家へとノミ・マダニを運んでいるのではないかと推測しています。
 また、ノミは16℃あれば孵化し、活動を開始するといわれています。
最近は冬でも暖房や室外機周囲など、人家の周りはノミの活動適温に達すると予想されます。
 実際に当院では、11月の涼しくなってきた時期でもノミをつけたわんちゃん・ねこちゃんを診察する機会も多いです。
 今までは春から晩秋までの予防が推奨されていましたが、近年では1年を通した予防が一般的になってきています。少なくとも暖かい時期だけでも予防しなければいけないと考えております。
 月に1回の投与で簡単に予防できますので、ぜひ大事なご家族を守ってあげてください。
ノミの予防薬も、楽しく食べさせるチュアブルタイプ、簡単に背中に塗布するだけのタイプがございます。

詳しくはご相談ください。


ノミアレルギー性皮膚炎
 

マダニの咬傷
アニコム損害保険株式会社
ひがし東京夜間救急動物医療センター
VISAJCBMASTERUCNICOSAMEXDINERS
当医院では各種カードがご利用いただけます